• お電話でも受け付けております 04-2922-8802 診療のご予約はこちらから

発汗の大切さ!

発汗の大切さ
発汗には

・温熱性発汗
・精神性発汗
・味覚性発汗

の3種類があります。

夏時期、特に大切になるのは温熱性発汗です。

温熱性発汗とは、
気温が高い時や運動などで体温が上がった時に現れる発汗で、
水分蒸発によって体温を下げてくれます。

つまり、
体温を一定に保つのにとても重要な役割を果たしているのです。

発汗における3つの効用
1、体温調節
2、感染防御機能
3、保湿機能

1、体温調節
汗をかく事で水分蒸発によって
体の熱を放散させ体温調節をします。

2、感染防御機能
汗の中には体を守る物質が含まれており、
病原菌などの感染を防ぐ機能があります。

3、保湿機能
汗には皮膚の保湿成分(天然保湿因子)が含まれており、
保湿成分と汗が混ざりあり皮脂膜を作ります。

皮脂膜は、表皮から必要な水分の蒸発を防ぎ、
皮膚を保護します。

これによって皮膚の水分量を保つ事で潤いを与えます。

では、
汗をかくためにはどんな事ができるのでしょうか?

1、適度な運動
2、毎日の入浴
3、十分な睡眠
4、適切な食事
5、筋力アップなど

書き出してみると、規則正しい生活が一番良さそうですね。

酷暑の時期、冷房は必要ですが
定期的に汗をかく時間を作ることで、
体のバランスも維持できます!

まずはできることから行って、
健康維持に努めていきましょう!